Artbook Eureka Architecture Onlinetore

アルヴァ・アアルト【A Gentler Structure for Life】

16,000円(税込)

アルヴァ・アアルト(Hugo Alvar Hentik Aalto 1989年 - 1976年)フィンランド大公国・クオルタネ出身の建築家/デザイナー。20世紀を代表する建築家の一人。「北欧の賢人」と称される。総合美術としてのデザインへの関心は、建築と家具の両方の分野にて北欧モダニズムに大きく貢献した。パートナーアイノ・アアルトとともに、建築、内装、家具、照明、ガラス製品、テキスタイルをデザインし、有機的なフォルムと材料、特に木材の技術的な実験は、現在もなおスカンジナビアモダンとして受け継がれている。曲木細工などの製造プロセスのいくつかは特許を取得している。1920年代の初期は、20世紀前半のフィンランドの急速な経済成長と工業化と共に歩み、1930年代は合理的なインターナショナルスタイルモダニズム、1940年代以降より有機的なモダニズムスタイルへと進む。1935年には、アアルト夫妻とマイレ・グリクセン、ニルス=グスタフ・ハールによりArtekが設立された。Artekとは、「Art」と「Technology」をかけ合わせた造語。

アルヴァ・アアルトにとって、人生、芸術、建築、そして創造は、日常の仕事と切り離せないものでした。アイデアを見るジェ、デザインの課題を探求するとき、芸術の世界と同じように自然科学の世界でも同じように動くことができました。この書籍の初版は、1998年のアアルト生誕100周年の際に刊行されました(本書は、3rd Editionです)。この本は、彼の作品を紹介した最も包括的な本ではありません。しかし間違いなく、最も豪華で詩的な一冊です。住宅から公共の建物まで、様々な年代の23のプロジェクトが掲載されています。Alva Aalto Museumの館長Marku Lahttiによるエッセイでは、天才写真家Maija Holmaの美しい写真が、アアルトの構造の細部をとらえた図版で補完されています。Finland Hall、House of Culture、Helsinki University of Technology、Helsinki Art Museum、Aalborg、Denmark Villa Mairea、Noormarkku、Aalto邸などが掲載。

出版社:  Rakennustieto Publishing
タイプ:  ハードカバー
言語:   英語、フィンランド語、ドイツ語、イタリア語
サイズ:  33 x 25 cm
ページ数: 175ページ
状態:   新古品
その他:  3rd Edition、2009年刊行の為、表紙にスレ有り